WordPress 5.5で何が新しくなったのか?新機能や変更点を紹介

最終更新日:

2020年8月11日にWordPress 5.5がリリースされました。現在、WordPress 5.5へのアップデートが可能です。WordPress 5.5で何が変わったのか、新機能や変更点をご紹介します。

WordPress 5.5のリリース日

WordPress 5.5は2020年8月11日(火)にリリースされました。

WordPress 5.5の開発サイクルは次のようなスケジュールでした。

日付内容
2020年7月7日Beta 1
2020年7月14日Beta 2
2020年7月21日Beta 3
2020年7月27日Beta 4
2020年7月28日リリース候補(RC) 1
2020年8月4日リリース候補(RC) 2
2020年8月10日ドライラン
2020年8月11日リリース

2020年9月1日にWordPress 5.5.1がリリースされました。バグの修正が含まれています。

他のバージョンにおけるリリース状況は以下の記事で確認できます。

WordPress 5.5のコードネーム

WordPressのコードネームはジャズミュージシャンにちなんだ名前が付けられています。

WordPress 5.5のコードネームは、アメリカのジャズミュージシャンのBilly Eckstine(ビリー エクスタイン)にちなんでEckstine(エクスタイン)と名付けられました。

Billy Eckstine I Apologise – YouTube

WordPress 5.5のサーバー要件

WordPress 5.5を実行するためには以下の要件が推奨されています。

WordPress 5.5の入手方法

WordPress 5.5はダウンロードページから入手できます。

WordPressのダウンロード方法は下記の記事を説明しています。

WordPressのベータ版を試すには?

WordPressのベータ版を試すには、WordPress Beta Testerプラグインをインストールします。

ベータ版は開発中にデータベースの構造が更新される可能性があります。必ずダウングレードできるとは限りません。

運用しているサイトでは使用しないようにしましょう。

WordPress 5.5のアップデート方法

WordPress 5.5に更新するにはダッシュボードの更新ページで今すぐ更新ボタンをクリックします。

メジャーアップデート前には必ずファイルとデータベースのバックアップをとりましょう。

更新中はメンテナンスモードになります。

WordPress 5.5の新機能と変更点

WordPress 5.5では、下記のような新機能や変更点があります。

ブロックエディター

WordPress 5.5では、ブロックエディターのエクスペリエンスが1,500以上改善されます。

ブロックの追加

ブロックの追加パネルが画面左側に固定されます。スクロールすることですべてのブロックを確認できます。

ブロックの追加パネル

カテゴリも変更されています。

BeforeAfter
一般ブロックText
フォーマットText
 ‐Media
レイアウト要素Design
ウィジェットWidgets
埋め込みEmbeds

ブロックパターン

ボタンやギャラリーなどデフォルトでいくつかのパターンが用意されています。

ブロックパターン

画像の編集(トリミング/回転/ズーム)

ブロック内で画像のズームやトリミング、回転などの編集ができるようになります。

画像の編集

デバイスごとのプレビュー

編集画面でデスクトップ、タブレット、モバイルのスクリーンサイズでプレビューできます。

今まで通り新しいタブでプレビューすることもできます。

デバイスごとのプレビュー

モバイルを選択した状態です。スクリーンサイズは変更されましたが編集ができます。

モバイル

XMLサイトマップ

XMLサイトマップがデフォルトで有効になります。投稿やページ、カスタム投稿タイプなどが出力されます。

プラグインとテーマの自動更新

プラグインとテーマが自動更新に対応するようになります。1つずつ自動更新するかどうかを設定できます。

プラグインの自動更新

自動更新したいテーマはEnable auto-updatesをクリックします。

テーマの自動更新

ZIPファイルをアップロードで更新可能に

プラグインとテーマを手動で更新したい場合は、ZIPファイルをアップロードするだけで更新できるようになりました。

画像の遅延読み込み

デフォルトで画像の遅延読み込みをサポートします。投稿内のimgタグに「loading=”lazy”」が自動で追加されます。

遅延読み込み

アクセシビリティの向上

WordPressはリリースのたびにアクセシビリティが向上しています。WordPress 5.5も同様にアクセシビリティの修正と強化がされています。

よく見られている記事

  1. WordPress 5.5で何が新しくなったのか?新機能や変更点を紹介
  2. WordPressのサーバー要件とは?各バージョンの推奨環境
  3. WordPressをローカル環境にインストールする方法
  4. WordPress 5.5.1の更新内容は?44個のバグを修正
  5. WordPressで画像にwidthとheightを追加する方法
  6. WordPress 5.4.2の更新内容は?6つのセキュリティ問題の修正
  7. WordPress 5.4で何が新しくなったのか?新機能や変更点
  8. WordPressプラグイン「File Manager」の脆弱性と対応方法
  9. WordPressにログインできない?13の解決方法
  10. WordPressで現在のユーザーが管理者かどうか判定する方法

新しい記事

go to top