WordPressのインストール方法

最終更新日:

WordPressのインストール方法を種類ごとに解説しています。インストールとは何か、どんな種類があるのか、インストールできない時はどうやって解決すればいいのかを説明しています。

インストールとは?

インストールとは、決められた手順でコンピュータにソフトウェアを追加して使用できるように設定することです。

セットアップとも呼ばれます。

どこにインストールしたらいいか?

WordPressを動作させるためにはサーバーにインストールする必要があります。

どんなサーバーでもWordPressをインストールできるわけではありません。推奨されているサーバーの要件は以下の記事で確認できます。

WordPressをインストールできるレンタルサーバーは多く存在しています。どのようにレンタルサーバーを選んだらいいのかを以下の記事でご紹介しています。

共有サーバーから選ぶ場合、比較しやすいように一覧化しました。機能ごとに絞り込みや並び替えもできますのでお試しください。

インストール時に必要な情報

WordPressをインストールする際、事前に用意しておく情報があります。インストール方法によっては必要ない(設定できない)情報もあります。

データベースの情報

WordPressが接続するデータベースの情報です。あらかじめデータベースを作成している場合はメモしておきましょう。

サイトの情報

WordPressで作成したいサイトの情報を用意しておきます。

インストールの種類

WordPressのインストールには次の2通りがあります。

下記でそれぞれを説明します。

レンタルサーバーへのインストール

契約しているレンタルサーバーにWordPressをインストールするには、簡単インストール手動インストールの2種類があります。

簡単インストール

レンタルサーバーによっては簡単にWordPressをインストールできる機能が付いています。ファイルをアップロードしたり、データベースを用意する必要はありません。

以下の記事では簡単インストールの方法と対応しているサーバーをご紹介します。

手動インストール

手動インストールとは、サーバーにWordPress本体のファイルをアップロードし、データベースを自分で作成してセットアップすることです。

以下の記事では手動インストールのメリット/デメリットから、インストールする方法をキャプチャ付きで丁寧に解説しています。

ローカル環境へのインストール

WordPressのテーマやプラグインをカスタマイズする場合、自分のWindowsやMacのパソコン上でWordPressを動作させるにはローカル環境を構築してインストールします。

以下の記事では、ローカル環境を構築できるツールを紹介し、Localを使ってローカル環境を構築してWordPressをインストールする方法を解説しています。

インストールできない場合の対処方法

インストール時に表示されるエラーによって対処方法が異なります。

データベース接続確立エラー

ログイン画面が404エラー

関連記事

他の人はこちらの記事も見ています。

よく見られている記事

  1. WordPress 5.6で何が新しくなったのか?新機能や変更点を紹介
  2. WordPressのサーバー要件とは?各バージョンの推奨環境
  3. WordPressをローカル環境にインストールする方法
  4. WordPress 5.5で何が新しくなったのか?新機能や変更点を紹介
  5. WordPress 5.6におけるjQueryのバージョンアップ内容と対策
  6. WordPress 5.5.3の更新内容は?1件のバグ修正
  7. WordPressで画像にwidthとheightを追加する方法
  8. WordPressで現在のユーザーが管理者かどうか判定する方法
  9. WordPressにログインできない?13の解決方法
  10. WordPressプラグイン「File Manager」の脆弱性と対応方法

新しい記事

go to top