最適なWordPressのレンタルサーバーを選ぶ方法

最終更新日:

WordPressをインストールするにはサーバーが必要です。サーバーとは何か、レンタルサーバーの種類、レンタルサーバーの選び方まで幅広くご紹介しています。

サーバーとは?

サーバー(Server)とは、ネットワークに接続され、他のコンピューター(クライアント)からの要求(リクエスト)に応じて、サービスやデータを提供する高性能のコンピューターのことを指します。

提供するサービスによってWebサーバーやメールサーバー、ファイルサーバー、プリントサーバーなどと呼ばれます。

サーバーには「000.00.00.00」のように数字で羅列されたIPアドレス(Internet Protocol Address)が割り当てられています。

サーバーは機器の購入、設置場所、保守・監視によって以下の3つに分かれます。

自社サーバー
(オンプレス)
ハウジングレンタルサーバー
機器の購入自社自社運営会社
設置場所自社運営会社運営会社
保守・監視自社運営会社運営会社

自社サーバーは施設内にサーバーを設置し、購入から保守・監視までを自社で行う方法です。

ハウジングは自社でサーバーを購入、設定した後にデータセンターに預ける方法です。

自社サーバー、ハウジングはランニングコストが高くなる傾向があります。また運用できる人材の確保も必要です。

これから始めるなら以下で紹介するレンタルサーバーがおすすめです。

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとは、サーバーの一部もしくはすべてを個人や法人に貸し出す(レンタルする)サービスのことです。

ホスティングサービスサーバホスティングとも呼ばれます。サーバーの保守・監視などはレンタルサーバー運営会社が行います。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーには種類があり、それぞれ特徴があります。

共用サーバー専用サーバーVPSクラウドサーバー
利用用途個人ビジネスビジネスビジネス
物理/仮想物理物理仮想仮想
価格数百円~数千円数千円~数万円数百円~数千円数千円~数十万
専門知識不要必要必要必要
他ユーザーの影響受けやすい受けない受けにくい受けにくい
管理者(root)権限×
CPU/メモリ/ストレージ固定固定固定拡張可能

共用サーバー

1台の物理サーバーを複数のユーザーと共同で使用します。

安価でサーバーを利用できますが、使用できる転送量に上限があります。

専用サーバー

1台の物理サーバーを占有できます。他のユーザーの影響を受けることはありません。

VPS

VPSとはVirtual Private Server(バーチャル・プライベート・サーバー)の略です。

1台の物理サーバー上に複数の仮想サーバーが用意され、ユーザーに割り当てられます。OSやアプリを自由にインストールすることができます。

クラウドサーバー

VPSと同様、ユーザーに仮想サーバーが割り当てられます。

VPSとの違いは、サーバーのスペック(CPUやメモリ、ストレージ)を規模に合わせて柔軟に拡張することができます。

レンタルサーバーの費用

レンタルサーバーを借りるには、初期費用月額費用の2つが必要な場合が多いです。

クラウドサーバーにおいては時間や転送量などで従量課金になっているサーバーもあります。

また契約期間によってお得になる料金プランが用意されていることもあります。

レンタルサーバー選び方のポイント

レンタルサーバーを選ぶ際に確認すべき7つのポイントを紹介します。

1.WordPressがインストールできる

無料のレンタルサーバーだとWordPressをインストールできない場合もあります。サーバー要件を満たしているか確認しましょう。

2.プランを変更できる

急にアクセスが増えた場合など、簡単にプランを変更できるかを確認します。

3.表示速度が速い

SSDを使っている/NginxやLiteSpeedなどのWebサーバーを使っている/独自のキャッシュ機能が使えるなど高速化対策がされているかを確認します。

4.SSLが使用できる

無料のSSLを使用できるレンタルサーバーがあります。SSLの証明書の種類などを確認します。

5.自動バックアップがある

万が一のために自動でバックアップしてくれるかを確認します。バックアップの期間や復元時に費用がかかるかどうかもチェックします。

6.サポート体制がしっかりしている

電話やメールでのサポートが可能か確認します。最近はライブチャットでサポートするレンタルサーバー会社もあります。

7.安定稼働している

品質保証制度(SLA)を導入し、稼働率が99.99%以上か確認します。

レンタルサーバーの選び方

WordPressをインストールするレンタルサーバーの選び方を紹介します。

レンタルサーバーの種類を決める

まず共有サーバー、専用サーバー、VPS、クラウドサーバーのうちどれにするか決めます。

必要な機能を確認する

運用するサイトに必要な機能を洗い出します。

マルチドメイン

複数のサイトを運用する場合は、マルチドメインに対応していることが必要です。

転送量

転送量とはユーザーがWebサイトを閲覧した際に、転送したすべてのデータ量を表します。

共有サーバーは転送量の上限が設定されていることがあります。

転送量の上限が4TBの場合、1ページにつき4MBとすると100万PVを超えるとサーバーから制限がかかる可能性があります。

容量

ページを表示するためには画像やCSS、JavaScript、動画などのファイルが必要です。

サイトの規模に合わせてストレージがどれくらい必要なのかを確認します。サイトの成長を考慮して検討します。

1ページにつき4MBとすると、1000ページで4GBの容量が必要になります。

WordPressが使えるレンタルサーバー

WordPressが使えるレンタルサーバーを種類ごとにまとめました。

共用サーバーを探す

WordPressがインストールできる共有サーバーをまとめました。機能で絞り込んだり、並び替えすることができます。最適なレンタルサーバーを選ぶ際にご利用ください。

専用サーバーを探す

サービス
CPI
GMOクラウド 専用サーバ
KAGOYA
さくらの専用サーバ
WADAX

VPSを探す

サービス
Atlantic.Net
AWS Lightsail
ConoHa VPS
クラウドVPS byGMO
KAGOYA
Linode
お名前.com VPS
さくらのVPS
Vultr
WebARENA Indigo
WebARENA VPSクラウド

クラウドサーバーを探す

サービス
Amazon AWS EC2
Alibaba Cloud
FUJITSU Cloud
Google Cloud Platform
Heroku
Kinsta
IBM Cloud
Microsoft Azure
NIFCLOUD
Oracle Cloud
さくらのクラウド
Z.com Cloud

関連記事

他の人はこちらの記事も見ています。

よく見られている記事

  1. WordPress 5.5で何が新しくなったのか?新機能や変更点を紹介
  2. WordPressをローカル環境にインストールする方法
  3. WordPressのサーバー要件とは?各バージョンの推奨環境
  4. WordPress 5.4で何が新しくなったのか?新機能や変更点
  5. WordPressで画像にwidthとheightを追加する方法
  6. WordPressにログインできない?13の解決方法
  7. WordPress 5.4.2の更新内容は?6つのセキュリティ問題の修正
  8. WordPressのおすすめ無料テーマまとめ(用途別)

新しい記事

go to top