WordPressの簡単インストール方法と対応レンタルサーバー

最終更新日:

レンタルサーバーによっては簡単にWordPressをインストールできる機能が付いています。ファイルをアップロードしたり、データベースを用意する必要はありません。簡単インストールの方法と対応しているサーバーをご紹介します。

簡単インストールとは?

簡単インストールとは、WordPressをレンタルサーバーの管理画面(コントロールパネル)から数回のクリックでインストールできる機能です。

自動インストール簡易インストールワンクリックインストールとも呼ばれます。

FTPソフトを使ってサーバーにファイルをアップロードしたり、データベースを自分で用意する必要がありません。

簡単インストール対応サーバー

WordPressが簡単インストールできるレンタルサーバーをまとめました。

機能で絞り込んだり、並び替えすることができます。レンタルサーバーを選ぶ際にご利用ください。

簡単インストールの手順

サイト情報を準備する

WordPressをインストールするためには下記のような情報が必要です。事前に決めておきましょう。

サイト(ブログ)のタイトルWordPressのサイト名
※後からWordPressの管理画面から変更可
ユーザー名WordPressの管理画面にログインする際のユーザー名
パスワードWordPressの管理画面にログインする際のパスワード
メールアドレスWordPressの管理者のメールアドレス
※利用可能なメールアドレスを指定

マニュアルを確認する

レンタルサーバーによって簡単インストールの手順が異なります。レンタルサーバーのマニュアルを確認しましょう。

簡単インストールができない場合

一部のレンタルサーバーで簡単インストールをしようとするとエラーになるケースがあります。

簡単インストールがエラーになる場合は下記を試してみましょう。

簡単インストールの注意事項

簡単インストールは以下のことに注意しましょう。

使用できないプランがある

レンタルサーバーのプランによっては簡単インストールが使えない場合があります。

レンタルサーバーを契約する前に確認しましょう。

最新のバージョンになっていない

レンタルサーバーによっては簡単インストールでWordPressをインストールした場合、最新のバージョンになっていないことがあります。

WordPressをインストールした後にバージョンを確認して最新でなければアップデートしましょう。

最新のバージョンは以下の記事でご紹介しています。

関連記事

他の人はこちらの記事も見ています。

よく見られている記事

  1. WordPress 5.6で何が新しくなったのか?新機能や変更点を紹介
  2. WordPressのサーバー要件とは?各バージョンの推奨環境
  3. WordPressをローカル環境にインストールする方法
  4. WordPress 5.5で何が新しくなったのか?新機能や変更点を紹介
  5. WordPress 5.6におけるjQueryのバージョンアップ内容と対策
  6. WordPress 5.5.3の更新内容は?1件のバグ修正
  7. WordPressで画像にwidthとheightを追加する方法
  8. WordPressで現在のユーザーが管理者かどうか判定する方法
  9. WordPressにログインできない?13の解決方法
  10. WordPressプラグイン「File Manager」の脆弱性と対応方法

新しい記事

go to top