WordPress 5.4.2の更新内容は?6つのセキュリティ問題の修正

最終更新日:

2020年6月10日、脆弱性を修正したWordPress 5.4.2がリリースされました。アップデート内容を紹介します。WordPress 5.4.2では、6件のセキュリティ問題と22件のバグが修正されています。

WordPress 5.4.2のリリース日

WordPress 5.4.2は2020年6月10日にリリースされました。セキュリティリリースのため、なるべく早く更新しましょう。

WordPress 5.4.1が2020年4月29日にリリースされたので約1カ月後のアップデートになります。

WordPressのバージョンごとにリリース日をまとめています。他のバージョンのリリース日を確認したときにご参考ください。

更新内容

WordPress 5.4.2に更新すると、下記の6つのセキュリティ問題が修正されます。

  1. 権限の低いユーザーがブロックエディターの投稿にJavaScriptを追加できるXSSの脆弱性
  2. アップロード権限を持つユーザーがJavaScriptをメディアファイルに追加できるXSSの脆弱性
  3. wp_validate_redirect() におけるリダイレクトの問題
  4. テーマアップロードの認証でXSSの脆弱性
  5. set-screen-optionがプラグインによって不正に使用され、権限のエスカレーションにつながる問題
  6. パスワードで保護された投稿やページのコメントが特定の条件で表示される問題

サーバー要件

WordPress 5.4.2を実行するためには以下の要件が推奨されています。

WordPress 5.4.2のダウンロード方法

WordPress 5.4.2はダウンロードページから入手できます。

WordPress 5.4.2ダウンロード

WordPressのダウンロード方法は下記の記事をご参考ください。

WordPress 5.4.2へのアップデート方法

WordPress 5.4.2に更新するにはダッシュボードの更新ページで今すぐ更新ボタンをクリックします。

WordPressの更新

自動更新が有効になっている場合、バックグラウンドで更新が開始されます。

ダウングレードするには?

WordPress 5.4.2にアップロードして問題が見つかった場合、WP Downgrade | Specific Core Versionをインストールすることでダウングレードできます。

関連記事

他の人はこちらの記事も見ています。

よく見られている記事

  1. WordPress 5.6で何が新しくなったのか?新機能や変更点を紹介
  2. WordPressのサーバー要件とは?各バージョンの推奨環境
  3. WordPressをローカル環境にインストールする方法
  4. WordPress 5.5で何が新しくなったのか?新機能や変更点を紹介
  5. WordPress 5.6におけるjQueryのバージョンアップ内容と対策
  6. WordPress 5.5.3の更新内容は?1件のバグ修正
  7. WordPressで画像にwidthとheightを追加する方法
  8. WordPressで現在のユーザーが管理者かどうか判定する方法
  9. WordPressにログインできない?13の解決方法
  10. WordPressプラグイン「File Manager」の脆弱性と対応方法

新しい記事

go to top