WordPressのライセンスとは?GPLの基礎知識

最終更新日:

WordPressはGPLと呼ばれるオープンソースライセンスのもとに公開されています。オープンソースとは何か、ライセンスの種類、GPLについて説明しています。

オープンソースとは?

WordPressはオープンソース(オープンソースソフトウェア)として提供されています。

オープンソースソフトウェア(Open Source Software)とは、ソースコードが無償で公開されており、誰でも自由に複製・改変・再配布ができるソフトウェアのことです。略称はOSSです。

WordPress以外にもデータベース管理システムのMySQLやプログラミング言語のPHPもOSSです。

オープンソースライセンスとは?

オープンソースは無料で利用できますが、指定されたライセンス(使用許諾条件)に従う必要があります。

オープンソースライセンスの種類

オープンソースライセンスには次のような種類があります。

GPLとは?

GPLとは、GNU General Public Licenseの略で、GNU GPLとも呼ばれます。GPLには以下の4つの自由があります。

GPLは再配布されるプログラムに対しても同じライセンスで配布することが義務付けられています。この考え方をコピーレフト(copyleft)と呼びます。

GPLには現在広く使われているVersion 2とVersion 3があります。

WordPress本体のライセンス

WordPress本体のライセンスはGPL v2以降を採用しています。

テーマやプラグインのライセンス

WordPressコミュニティ内には100%GPLスプリットライセンスという考え方があります。

100%GPL

テーマやプラグインに含まれるすべてのファイルに対してGPLまたはその互換ライセンスを採用することです。

WordPress 公式ディレクトリにテーマやプラグインを公開する場合は、100%GPLである必要があります。

スプリットライセンス

PHPコードのみをGPLまたはその互換ライセンス、その他のファイルについてはGPL互換ではないライセンス、というようにライセンスを分けて採用することです。

関連記事

他の人はこちらの記事も見ています。

よく見られている記事

  1. WordPress 5.6で何が新しくなったのか?新機能や変更点を紹介
  2. WordPressのサーバー要件とは?各バージョンの推奨環境
  3. WordPressをローカル環境にインストールする方法
  4. WordPress 5.5で何が新しくなったのか?新機能や変更点を紹介
  5. WordPress 5.6におけるjQueryのバージョンアップ内容と対策
  6. WordPress 5.5.3の更新内容は?1件のバグ修正
  7. WordPressで画像にwidthとheightを追加する方法
  8. WordPressで現在のユーザーが管理者かどうか判定する方法
  9. WordPressにログインできない?13の解決方法
  10. WordPressプラグイン「File Manager」の脆弱性と対応方法

新しい記事

go to top