WordPress 5.8でWebPを正式にサポート

最終更新日:

2021年7月にリリースされる予定のWordPress 5.8でWebPが正式にサポートされることが発表されました。WebPに対応しているブラウザやメリット、画像をWebPに変換する方法も説明しています。

WordPress 5.8からWebPに対応

WordPress.orgによると、2021年7月にリリースされる予定のWordPress 5.8からWebPをサポートすると発表しました。

JPEGやPNGと同じように、WordPressのメディアライブラリにWebPをアップロードして使用できるようになります。

WordPress 5.8では、JPEGなど他の画像形式をWebPに変換することはできません。自分でWebPを用意する必要があります。

ただ将来的にはWebPに変換できるように計画されています。

WebPとは?

WebP(ウェッピー)とは、Googleが開発した新しい画像フォーマットのことです。拡張子は「webp」です。

WebPは、JPEGと同じく非可逆圧縮でありながらPNGやGIFのように背景を透過することができます。GIFのようにアニメーションも作成可能です。

画像フォーマットごとの違いは下記の通りです。

画像フォーマット圧縮方式透過アニメーション
WebP非可逆圧縮
JPEG非可逆圧縮××
PNG可逆圧縮×
GIF可逆圧縮

WebPに対応しているブラウザ

Can I useによると、WebPは主要なブラウザで対応しています。

Can I use

WebPのメリット

WebPのメリットとして以下の3つがあります。

ファイルサイズが小さくなる

WebPはJPEGと比較して25~34%小さくなると言われています。

ファイルサイズが小さくなることでページ表示速度の改善にもつながります。

画像の背景を透過できる

PNGやGIFのように画像の背景を透過することができます。切り抜きをしなくても使用できるので使いやすいです。

アニメーションを作成できる

GIFのようにアニメーションを作成することが可能です。以前はアニメーションと言えばGIFでしたがWebPでも可能になりました。

画像をWebPに変換する方法

Googleが公開している「Squoosh(スクワッシュ)」は、画像の圧縮やフォーマットの変換ができるWebアプリです。

Squooshにアクセスし、WebPに変換したい画像をドラッグ&ドロップします。

Squoosh
  1. WebPを選択します
  2. ダウンロードボタンをクリックします
WebPに変換

変換されたWebP形式の画像ファイルがダウンロードされます。

go to top