WordPressで現在のユーザーが管理者かどうか判定する方法

最終更新日:

WordPressで現在ログインしているユーザーが管理者かどうかを判定する方法を紹介します。管理者だけにコンテンツを表示させたい、もしくは管理者以外に表示させたい場合に役立ちます。

管理者かどうか判定する方法

現在ログインしているユーザーが管理者かどうか判定するには、current_user_can関数を使用します。

管理者かどうか判定するにはcurrent_user_can関数の引数に権限名(manage_optionsなど)を指定します。

管理者の場合

if ( current_user_can( 'manage_options' ) ) {
    //管理者の場合の処理
}

管理者以外の場合

if ( !current_user_can( 'manage_options' ) ) {
    //管理者以外の場合の処理
}

管理者と管理者以外で条件分岐する場合

if ( current_user_can( 'manage_options' ) ) {
    //管理者の場合の処理
} else {
    //管理者以外の場合の処理
}

current_user_can関数の引数に権限グループ(administrator)を指定することは避けましょう。意図しない結果を返す場合があります。

current_user_can関数の使い方は以下の記事でご紹介しています。

ユーザー定義関数を作成する

管理者かどうかを判定するユーザー定義関数を作成するには、テーマ内のfunctions.phpに下記のコードを追加します。

function is_admin_user() {
    return current_user_can( 'manage_options' );
}

下記のように作成したユーザー定義関数を使用します。

if( is_admin_user() ) {
    //管理者の場合の処理
} else {
    //管理者以外の場合の処理
}

よくある使用例

下記のようなケースで管理者かどうかを判定します。

よく見られている記事

  1. WordPress 5.5で何が新しくなったのか?新機能や変更点を紹介
  2. WordPressのサーバー要件とは?各バージョンの推奨環境
  3. WordPressをローカル環境にインストールする方法
  4. WordPress 5.5.1の更新内容は?44個のバグを修正
  5. WordPressで画像にwidthとheightを追加する方法
  6. WordPress 5.4.2の更新内容は?6つのセキュリティ問題の修正
  7. WordPress 5.4で何が新しくなったのか?新機能や変更点
  8. WordPressプラグイン「File Manager」の脆弱性と対応方法
  9. WordPressにログインできない?13の解決方法
  10. WordPressで現在のユーザーが管理者かどうか判定する方法

新しい記事

go to top