WordPressにログインできない?13の解決方法

最終更新日:

WordPressの管理画面にログインできない、ログイン画面が表示されない場合の解決方法を紹介します。

ログイン画面が表示される場合

ユーザー名とパスワードが正しいか確認する

ユーザー名とパスワードを打ち間違えてログインできないケースがあります。入力する際に以下を確認しましょう。

メールアドレスを入力する

ユーザー名を忘れてしまった場合、登録しているメールアドレスでもログインすることができます。

Cookie(クッキー)を削除する

ブラウザーのCookie(クッキー)の影響でログインできない場合があります。Cookieを削除して試してみましょう。

ブラウザーごとにCookieを削除する方法が異なりますので下記を参照ください。

ログイン制限が設定されていないか確認する

ログインボタンを押した後に403エラーになる場合、サーバー側によって海外からのアクセスを制限している可能性があります。

サーバーのマニュアルなどを確認しましょう。

パスワードをリセットする

パスワードを忘れた場合、パスワードをお忘れですか?というリンクをクリックします。

パスワードをお忘れですか?
図1.パスワードをお忘れですか?

以下の手順を行うとパスワードのリセット手順が記されたメールが届きます。

  1. ユーザー名またはメールアドレスを入力
  2. 新しいパスワードを取得ボタンをクリック
パスワードリセット
図2.パスワードリセット

登録しているメールアドレスにパスワードがリセットできるメールが届きます。リンクをクリックします。

パスワードリセットのメール
図3.パスワードリセットのメール

新しいパスワードを入力する画面が表示されます。

  1. 新しいパスワードを入力
  2. パスワードをリセットボタンをクリック
新しいパスワードの入力
図4.新しいパスワードの入力

パスワードのリセットが完了しました。ログインをクリックするとログイン画面が表示されます。

新しいパスワードでログインします。

パスワードのリセット完了
図5.パスワードのリセット完了

ログイン画面が表示されない場合

インターネットに接続しているか確認する

インターネットの接続が切れていないか確認してください。他のサイトにアクセスしても見れない場合、インターネットに接続していません。

無線LAN(Wifi)で接続している場合は有線LANにつなげてみましょう。パソコンでインターネットに接続できない場合、スマートフォンでwifiに接続できるかも確認してください。

他の端末でもWifiに接続できない場合、ルーターもしくは回線に異常がある可能性があります。サポートに問い合わせをしましょう。

ログインURLを確認する

ログイン画面が正しく表示されない場合、ログインURLが間違っている可能性があります。

WordPressをインストールしている場所によってログイン画面のURLが異なります。

以下の記事でログイン画面のURLを詳しく説明していますのでご参考ください。

プラグインを無効化する

新しくプラグインをインストールしたり、アップデートした後に404エラーでログインできなくなった場合、プラグインを無効化しましょう。

FTPソフトを使ってwp-contentフォルダ内にあるpluginsというフォルダ名を変更します。

プラグインのフォルダ名変更
図6.プラグインのフォルダ名変更

ログインできるようになれば問題が発生する前にインストールまたはアップデートしたプラグインが原因です。停止しましょう。

問題が解決したらプラグインのフォルダ名をpluginsに戻します。

テーマを無効化する

新しくテーマをインストールしたり、アップデートした後にログインできなくなった場合、テーマを無効化しましょう。

FTPソフトを使ってwp-content/themes内にある有効化しているテーマのフォルダ名を変更します。フォルダ名を変更するとTwenty Twentyが有効化されます。

図7.テーマのフォルダ名変更

ログインできるようになれば問題が発生する前にインストールまたはアップデートしたテーマが原因です。停止しましょう。

ログインできたら、別のテーマに変更します。

ログイン画面用ファイルを新しく作成する

ログイン画面用ファイルであるwp-login.phpが壊れている場合、新しいファイルに差し替えます。

  1. FTPソフトを使ってwp-login.phpを削除
  2. 最新のWordPressをダウンロード
  3. wp-login.phpを再アップロード
wp-login.phpの再アップロード
図8.wp-login.phpの再アップロード

wp-login.phpを開き、下記の1行を探します。

$user_login = $user_data["user_login"];

下記に書き換えて保存します。

$user_login = $user_data->user_login;
wp-login.phpの編集
図9.wp-login.phpの編集

サイトアドレス(URL)を変更する

管理画面のサイトアドレス(URL)を変更した後にログインできなくなるケースがあります。

FTPソフトを使ってwp-config.phpをダウンロードします。

wp-config.phpのダウンロード
図10.wp-config.phpのダウンロード

ダウンロードしたwp-config.phpの「That’s all ~」の前に下記の1行を追加します。

define( 'RELOCATE', true );
/* That's all, stop editing! Happy publishing. */
コードの追加
図11.コードの追加

同じ場所にwp-config.phpをアップロードして上書き保存します。

WordPressをインストールしたURL+wp-login.phpにアクセスするとログイン画面が表示されます。

ログインした後に管理画面のサイトアドレス(URL)を戻します。戻した後は今回、wp-config.phpに追加した1行を削除して再アップロードします。

.htaccessを再生成する

ログイン画面から他のページにリダイレクトされる場合、.htaccessファイルが書き換えられている可能性があります。

既存のファイルを保存した上で再生成します。

FTPソフトを使って.htaccessファイルをダウンロードし、サーバー上にある.htaccessファイルを削除します。

htaccessファイルの置き換え
図12.htaccessファイルの置き換え

ログイン画面からログインできたら、管理画面のパーマリンク設定で何も変更せずに変更を保存ボタンをクリックします。

.htaccessファイルが再生成されます。

パーマリンクの設定
図13.パーマリンクの設定

WordPress.comを開いていないか確認する

WordPressにログインしようとして「WordPress ログイン」で検索しても検索結果にあなたのサイトのログイン画面は表示されません。

検索結果に表示されるログイン画面はWordPress.comのログイン画面です。インストール型ではなくブログ型のWordPressです。

下記がWordPress.comのログイン画面です。間違えないようにしましょう。

WordPress.comのログイン画面
図14.WordPress.comのログイン画面

フォーラムに投稿する

上記を試しても解決しない場合、WordPressにはフォーラムが用意されています。フォーラムで質問してみましょう。

投稿する際、詳細に書くことで解決する可能性が高まります。

よく見られている記事

  1. WordPress 5.5で何が新しくなったのか?新機能や変更点を紹介
  2. WordPressをローカル環境にインストールする方法
  3. WordPressのサーバー要件とは?各バージョンの推奨環境
  4. WordPress 5.4で何が新しくなったのか?新機能や変更点
  5. WordPressで画像にwidthとheightを追加する方法
  6. WordPressにログインできない?13の解決方法
  7. WordPress 5.4.2の更新内容は?6つのセキュリティ問題の修正
  8. WordPressのおすすめ無料テーマまとめ(用途別)

新しい記事

go to top